トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年12月14日金曜日

ボリュームたっぷりリトル・イタリーの「BITONDO'S」

R9242337
トロントのイタリア街として有名な「リトル・イタリー」。トロントにはこうした民族色の強い街があちこちにあるわけですが、最近ちょっとずつ様変わりしているのも事実。徐々に「イタリア一色」からマルチな街に変化を遂げているようで・・・。例えばこの街のど真ん中、老舗の「Cafe Diplomatico」のすぐ隣に今トロントで流行の「IZAKAYA」チェーン「HAPPA CAFE」が出来たりと、この街も時代の流れには逆らえない。

そう言ってみれば、トロントのチャイナタウンはGerrard/Broadviewの交差点付近(あそこに門がある)から始まって、Spadina/Dundasが最近廃れてきて、今はずっと北のエリアに移動してますしね〜。

R9242338
そんな中、先の「Cafe Diplomatico」の交差点を南に下って住宅街を歩くと数分で、意外に頑張っているこんなお店にたどりつきます。古ぼけたお店のようですが、車で通るたびに人の出入りがあるので「どうしてかな?」「旨いのかな?」と思って入ってみました。それが、結構いい店でした。最初の写真のパスタは「注文するのはいいけど、できるまでに20分はかかるわよ」と言われたもの。

R9242323
なんでそんなことになったかというと、まず注文したピザ・スライスと、ちょっと不思議に思った「PANZEROTTI」。

R9242319
ピザ屋だと思ってレジ前で注文しようとして、こんなメニューを見たら「BITONDO'S SPECIALIZING IN ITALIAN FOOD」と書いてあって、出てきたお姉さんがイタリア語ベラベラの人で、老夫婦にいろいろメニューの説明をしていたんですね。で、なぜか6ドルと高めのお値段の「PANZEROTTI」に目が行った、と。

R9242324
この方がそのお姉さん。

R9242326
勢いで「brio」という見たことがない飲み物も注文。ジンジャー風味のコーラでした。イタリアでは定番のようで。

R9242327
「PANZEROTTI」です。強制的に(?)「ソースかけるわよね」と言われて「ハイ」と(ここで1ドルアップ)。結果としてランチなのに「どかーん」としたお食事になってゆきます(次男を連れて行ってよかった)。

R9242330
おそるおそる食べてみると中はチーズなんですね、揚げてある感じで。問題はソース。このトマトソースがとっても旨い。それならパスタも旨いんじゃないか、ということで「20分かかるわよ」という「SPAGETTI」を追加注文。そういう訳だったんです。

R9242331
入った時は店内ガラガラでしたが、波が打ち寄せるように人が来て一杯になったかと思うと、こんな風になるというのを繰り返していました。

R9242332
20分をどうしていたかというと、店内にあった「PACMAN」で暇つぶし。これが意外にハマる(25セント有料です)。

R9242333
先ほどのお姉さんに「なんでPACMAN?」と聞くと、「オーナーの趣味よ。一日に何人かはこれいくらで売ってくれるか、と聞かれるのよね〜」と。なるほど〜我が家に一台、欲しいかも。

R9242335
こうして待つ事20分弱。パンも登場してさらにボリューミーなランチに・・・でも、美味しかったですよ〜このパスタ。超まんぷくです。

また食べに行きたい・・・

ウエブサイトとかはないみたいなので、Yelpでどうぞ:http://www.yelp.ca/biz/bitondos-pizzeria-toronto