トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年5月3日金曜日

地球の歩き方カナダ西部版〜そして現地へ!


昨年大変お世話になった、「地球の歩き方」。年初には東部版のトロント特集ページの取材に声をかけてもらい、撮影した写真がたくさん掲載されました。その後はイエローナイフのオーロラ鑑賞がきっかけで、夏にはカナダ全国版、そして年末に発行された旅行雑誌にオーロラ写真が掲載されるという思いもよらない展開へ。
そして今回は、カナダ西部版が発行(アマゾンはこちら)されるに際してカナダ全国版のオーロラ特集がそのまま再録されたということで、早速見本誌を一部送っていただきました。というか、到着前に書店で買ってしまいました・・・・


思えばトロントに滞在して17年、カナダの旅は東部が中心。トロントを中心に定番のナイアガラ、チューリップがきれいな首都オタワ、モントリオール&ケベック。VIA鉄道やハイウエイを使ってトロントから気軽に行くことができます。

Niagara Falls Journey Behind the Falls - 01
■やっぱりナイアガラの滝は間近で見るのが大迫力。(トロントからわずか1時間半ほどの絶景「ナイアガラ・フォールズ」/2007年7月14日撮影)


■船で滝に近づくアトラクションはナイアガラ観光の定番ですね(昨年の「霧の乙女号」初乗り/2012年5月撮影)

Le Chateau Frontenac @ Night
■実は夏のケベックシティーは観光地としてとても良くできていて楽しい!(夜のケベックシティー/2006年7月29日撮影)

_9238097
■チューリップが美しく咲き誇る首都はVIA鉄道ならトロントからもすぐ(オタワ/2012年5月5日撮影)

さらに先に進むと、奇岩で有名なモンクトン、P.E.I.(プリンスエドワード島)、ペルセ、ガスペ、そしてセントジョン。これらの場所は一度だけですが、何度も訪れてみたいと思わせる美しい景観の場所です。
そして昨年秋にはフィギュアスケートの取材でウインザー&ロンドンにも訪れました。

View from Point Prim @ PEI
■鉄分を多く含んだ名物の赤土が広がる(プリンスエドワード島/2006年8月2日撮影)

Perce Rock
■潮の満ち引きで地続きになるカナダの大西洋岸を歩いてみた(ペルセ岩/2006年8月4日撮影)

Morning @ Gaspe
■大西洋から上がってくる美しい朝日(ガスペ/2006年8月4日撮影)

Strange Rocks @ Moncton - 01
■モンクトンではこちらも潮の満ち引きが岩を削ってできた奇岩が目の前に!(フラワーポット/2006年8月4日撮影)

こうしてカナダ東部を旅することはあってもバンクーバー、カナディアン・ロッキーなど西側の有名な観光地へは行ったことがありません。先日のブロガー・イベントでアルバータ州観光局の小西さんが紹介されていたロッキーの星空は、「この目で見てみたい」と強く印象に残っているプレゼンテーションの一つです。

そんなこんなしているうちに、びっくりするようなニュースが。。。
5月にカナダ観光局が企画するツアーに、私の名前が候補に挙がっていると。これは世界各地から招待される「トラベル・ブロガー」と呼ばれる皆さんが、カナダの魅力を伝える使命を持っていくつかのルートに分かれてカナダを体験し、それをブログ/Facebook/ツイッターなど様々な方法で世界中に伝えて行くというものです。そのルートにはカナディアン・ロッキーも入っているものがある!

日本でも一昨年のこと、「リアルタイム、リアルカナダ(http://realcanada.jp/)」という日本初のカナダ体験イベントが行われました。日本のブロガーさんがカナダ各地に旅行し、リアルタイムで体験したカナダをブログやツイッターを使って伝える企画。この時スタッフの方がたまたまトロントに来られていて、私はツイッターで偶然出会ったというお話もありました。(http://blog.makotophotography.ca/2011/06/blog-post_27.html)。 言って見れば、今回はその「インターナショナル版」? 参加者リストを見ると、出身地は世界各国に散らばり、私は日本からの参加者としてこれらトラベル・ブロガーさんと共に、カナダの魅力をお伝えすることになりそうです。

20120504_130436

■オンタリオ州ロンドンにVIA鉄道で向かった(2013年3月撮影)

期間は5月18日スタートで、送られて来たリストを見ると参加は憧れのカナディアン・ロッキーを回るルートに! 旅はバンクーバーから始まり、途中下車しながら2週間かけてトロントへ向かい、移動は西から東へ縦断するVIA鉄道「カナディアン号」に乗り、「世界の車窓から」よろしく鉄道の旅を満喫します。


そして旅の終わりは、トロントで行われる「TBEX(http://tbexcon.com/canada/)」というトラベル・ブロガーさんが世界各地から集まるセミナーへの参加。聞く所によると今回、1000人規模で世界各地から集まってくるのだそうです。ここで、世界中のブロガーさんと交流を深める盛りだくさんなスケジュールです。

出発までにはまだ少し時間がありますが、まずは今回のカナダ縦断の旅の事前準備などの情報を含めて少しずつ書いて行きたいと思っています。