トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2016年8月25日木曜日

ジャマイカン・パティという食べ物を知っていますか?



子供達がたまに買ってきておやつとして食べていた、パティ(Jamaican patty)。トロントでは手軽なスナックとして、ちょっと小腹が空いた時などに重宝するキッチュな食べ物で、値段も一つ1ドル50くらいと安価。
パティは、半月型の黄色をしたパン生地のようなものにフィリングと言って中身にビーフやチキンを味付けしたものが入っている食べ物。普通にコンビニなんかでガラスケースに入っていて、レジで頼むと電子レンジで温めた後に紙袋に入れてくれて出てきます。

子供時代に(日本で)肉屋のコロッケを買った時に新聞紙で包んでくれて、そのまま公園なんかで食べた世代としては、かなりそれと似た雰囲気を感じます。およそグルメな食べ物ではないけれど、トロントに住んでいれば誰でも知っている、という(この人地元育ちかな? ということがわかる)リトマス試験紙のような。。

パティは、コーニッシュ(イギリス南端の地域)で作られるパスティ(Pasty)がもと。トロントでパスティを食べたいと思ったら、セントローレンス・マーケットの土曜日に行われているファーマーズ・マーケットにイギリスのパイ屋さんが出ています。ひき肉にタマネギや人参のみじん切りが入った、ミートパイですが、手で持って食べられるサイズなのは鉱山労働者が手軽に食べられると定番だった伝統から来るもの。

ジャマイカは小さな島国ですが英連邦に属し、イギリスの強い影響力の下にありますから、パスティがジャマイカに伝えられ変形してこういう食べ物になったのもうなずける気がします。トロントのジャマイカ人コミュニティーの起源を辿ると、根元的にはマルーンと呼ばれたアフリカ人奴隷に至る、深いものがあります。

彼らがカナダに移り住んだのは19世紀から20世紀前半。ハリファックス港にたどり着き、鉱山労働者としての暮らしをしていたようです。1950年代に移民法が変わり、ジャマイカから大量の移民がやってくると、ディアスポラと呼ばれる彼らの多くはトロントに住み着きました。パティは1960年代以降ニューヨークを始め北米に伝わり、それがトロントにもやってきたようです。パスティも同じ労働者の食べ物として有名でしたから、どこか深いところで、コーニッシュと繋がるものがあったのかもしれません。歴史というのは、不思議なものです。

最近買いに行くのは、家の近所のElm StreetにあるPatties Express。カメラ屋の隣で、行き帰りに前を良く通りかかるので、気が向くと一つ買って帰って食べたりします。ここはテイクアウト店ですが、大きいオーブンで温めたものが保温のガラスケースに並べられるというパティの専門店。

メニューはシンプルで、ビーフ(ノーマル/スパイシー/超スパイシー)、チキン(スパイシー)、ベジタリアンの3種類。伝統的にはビーフとチキンで基本スパイシーな味付けですが、ビーフだけノーマル(スパイシーじゃない味)があります。スパイシーになるのは、ジャマイカン・テイストだから。ベジタリアンはシチューのような具が入っています。

値段は、
 シングル $1.89
 パティ&ココナツ・ブレッド $3.39
 パティ2個と飲み物のコンボ $4.99
こんな感じです。

テイクアウト店なので、お店の正面にはレジとケース、飲み物の冷蔵庫があるだけ。営業時間は午前11時頃から夜11時まで。(日曜日は午後9時)かなり遅くまでやってます。家に持って帰る時は、こんな風にレタスの千切りなんかをお供につけて食べることもあります。Coco Bred(ココナツ・ブレッド)に挟んで食べるのが伝統。これをやると結構満腹感があって、好みはあるでしょうが大人のランチとして成立します。ケンジントンのGolden Pattyに行くと、ふわふわのココ・ブレッドで挟んだ美味しいビーフ・パティを食べることができます。

LCBOを見ていたら、コーニッシュのゴールド・サイダーを売っていました。この夏は特に、サイダーの種類が豊富になってきましたね。もともと昨年くらいからトロントでもサイダーが盛んになってきましたが、アルコール度数5%の大人なサイダーはビールと共に伝統的な飲み物。

せっかくなのでジャマイカン・パティの先祖であるパスティに敬意を表して、コーニッシュの果樹園で採れたサイダーと合わせてみます。ふらりと散歩していて、こういったものが揃ってしまうのがトロント。多民族国家で世界各国の料理が楽しめます、とか言われていますが、結局旅人としてその人がどこでどんなものを食べてきたのかその生き様によって景色が変わる街。大都市を楽しむコツは、意外に奥が深いということを最近良く考えます。

Patties Express: http://pattiesexpress.com/